hakaru.aiの特長

画像解析AIでメーター数値を読み取り、
自動でデータ化。

多くの製造工場やビルメンテナンスの現場において、日々行われているさまざまな点検業務。メーターを一つずつ目視で確認し、手書きで数値を台帳に記載、パソコンでその数値をデータ入力する……といった、誤検針も起こりやすい一連の業務を、スマートフォンのアプリとパソコンの管理画面を使ってミスなく業務改善。「hakaru.ai(ハカルエーアイ)byGMO」は、現場の点検業務をAIに支援させ、品質を向上させる業務効率化サービスです。

hakaru.aiでできること

  • 数値データをWeb台帳に自動で記入できます

    スマートフォンでメーターをパシャリと撮影するだけ。画像をAIで解析して、数値データをWeb台帳に自動で記入できます。

  • 撮影したメーター画像は、計測値と同時にウェブ保存。CSVファイルと、フォルダにまとめられたZIPファイルでダウンロード可能です。

    撮影したメーター画像は、計測値と同時にウェブ保存。CSVファイルと、フォルダにまとめられたZIPファイルでダウンロード可能です。

  • 初期費用0円。大規模な設備投資も不要です。準備は、点検メーターごとにhakaru.ai画面で作成できるQRコードを印刷して貼るだけ! 現場の稼働を停止せずに導入できます。

    初期費用0円。大規模な設備投資も不要です。準備は、点検メーターごとにhakaru.ai画面で作成できるQRコードを印刷して貼るだけ! 現場の稼働を停止せずに導入できます。

  • 古いメーターでも読み取りできます。現在の対応メーターは、円形のアナログ・デジタル・回転式・アナログパネル・水道メーター、横メモリマノメーターです。

    古いメーターでも読み取りできます。現在の対応メーターは、円形のアナログ・デジタル・回転式・アナログパネル・水道メーター、横メモリマノメーターです。

  • 点検メーターごとに、しきい値を設定すれば、異常値もその場で検出。作業者はスマホで、管理者は遠隔地からパソコンで同時に確認できます。

    点検メーターごとに、しきい値を設定すれば、異常値もその場で検出。作業者はスマホで、管理者は遠隔地からパソコンで同時に確認できます。

  • 記録頻度に合わせて、Web台帳を選択できます。月1回の検針利用、毎日記録(最大24回/1日)する点検用途の2種類があります。

    記録頻度に合わせて、Web台帳を選択できます。月1回の検針利用、毎日記録(最大24回/1日)する点検用途の2種類があります。

点検データや異常値アラート
を確認できる!
簡単で使いやすいスマホアプリ&管理画面

スマートフォンでパシャリと撮影したメーター画像は、AIで数値を読み取りデータ化、即時に保存。
ネットを通じてWeb台帳からどこからでも閲覧できます。操作しやすいシンプルで簡単な画面で、点検業務をサポートします。

hakaru.aiの管理画面

hakaru.aiの管理画面

hakaru.aiの
「AI(人工知能)」について

自社開発のメーター検出アルゴリズム、数値計測手法を実装。
チューニングを重ねて精度を向上させました。

ディープラーニング
による画像認識を活用
高精度な数値計測
撮影した画像の中の、どの部分を読み取るべきかを、AIが自ら探し、判別して数値を読み取ることで、高精度と初期設定の容易さを実現しました。
読み取りの精度は
人の目と同水準
人間の目視レベルを実現
AI実装による汎用性があるため、斜め、反射、汚れなど、多少異なる環境にも順応することができます。人間が目視で見て判断できるレベルでは読み取り可能です。
20万以上の
メーターデータ学習
継続学習で精度向上
メーターデータを学習し続けることで、さまざまなメーターの種類に対応し、精度を高めています。すでに20万以上のメーターデータを学習済みです。
Wharts'AI

AIってなに?

AI(人工知能)とは

AI(人工知能)とは、人間の知能の一部である「調べる」「計算する」「予測する」「判断する」などを、ソフトウェアを用いて再現するための試みや技術のことです。
AIでは、コンピューターに大量のデータからパターンを認識させることで、人間がするようにその経験から学んだり、新たなデータの入力に順応したり、柔軟にふるまいを調整していくため、難しい仕事をこなせるように訓練することもできます。

AI(人工知能)の概念図
そもそもAI(人工知能)とは
教師なし学習
問題(データ)のみをAIに与えて、特徴点はAIが発見。データをクラスタリング(分類)したり、膨大なデータから何かを発見できます。レコメンド機能など。
話題:Google論文「キャットペーパー」
教師あり学習
これは「うどん」、これは「ラーメン」など答え(ラベル)と、目のつけどころ(特徴点)を用意する必要。手間がかかる。人の顔の識別、手書き文字の判別など。
強化学習
得る報酬が最大となる行動」を学習する。ゲームで最高スコアを出す、株の売買で利益を最大化するなど。
話題:Google「AlphaGo」

「hakaru.ai(ハカルエーアイ)byGMO」では、上図の「教師あり学習」「教師なし学習」に分類される技術を採用しています。

検討から導入・運用まで、
専門のスタッフがサポートいたします。

ご相談・お問い合わせ
お電話でのお問い合わせお電話でのお問い合わせ
通話無料
0800-1234-250

平日10:00〜18:00

「hakaru.ai」基本機能を解説セミナー動画